妊娠中 便秘 解消 スムージー

妊娠中 便秘 解消 スムージー

妊娠中の便秘の対処法

 

妊娠中は、ホルモンの影響などで普段より便秘になりやすいもの。

 

薬にもあまり頼りたくない妊娠中の改善方法をご紹介します。

 

 

私の体験談

 

もともと便秘な私は、妊娠中はさらに便秘が悪化。

 

お腹が大きくなると、一日出なかっただけでもとても辛かったです。

 

ひどい時には、吐き気が…

 

今思えば、産むまで吐き気に悩まされたのは、便秘のせいかもしれません。

 

妊娠中は、トイレでいきむのも怖いので余計に便秘が悪化しました…。

 

つわり中は、食事に気をつける余裕はありませんでした。

 

でも、つわりが落ち着いてくると、食物繊維を意識して食事をしたり、野菜や果物のスムージーを飲み始めました。

 

もともとあまり食物繊維は、効果がなかった私ですが、野菜のスムージーは、体の調子がよくなった感じがして、便秘にも効果がありました。

 

それにプラスして、広いショッピングモールなどに行って買い物がてらウォーキング。

 

これがかなり効果大!!

 

私が、かなり効果を実感できたのは、スムージーとウォーキングです。

 

妊娠中はよく喉が渇いたので水分補給もしっかりしていました!

 

 

産婦人科専門医の話

 

 

医学博士でEn女医会の産婦人科専門医の間瀬有里先生。

 

間瀬先生によると、妊娠中の便秘の原因はいくつか考えられるが、いちばん大きいな原因の1つが、ホルモンバランスの変化だそうです。

 

妊娠中は、黄体ホルモン(プロゲステロン)がずっと出つづけていて、このホルモンが妊娠を維持しています。

 

でも、黄体ホルモンには、胃腸の筋肉を緩める作用もあり、結果、胃腸の動きが鈍くなってしまい便秘になります。

 

また、妊娠初期はつわりによりバランスのよい食事がとりにくくなること、吐き気がある時は、水分不足。

 

妊娠後期は、子宮が腸を圧迫し、排泄物が腸内を進みづらくなり便秘の原因になります。

 

生活習慣での改善では、いつもより多めに水をとるようにしたり、ウォーキングのような適度な運動、バランスのよい食事がいいそうです。

 

便秘の薬は使わずに、生活習慣で治すほうが本当はいいのですが、ずっと苦しい思いをする必要はなく、かかりつけの産婦人科医に相談するといいそうです。

 

妊娠中の便秘の原因

 

@ホルモンバランスの変化

 

妊娠すると、女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)が妊娠を維持するために増加します。

 

プロゲステロンは、摂取した栄養を蓄えようとするので、逃がさないように、胃や腸などの筋肉を緩めて胃腸の働きを悪くします。

 

そのせいで、便秘になってしまいます。

 

また、水分も蓄えようとするので、便に水分が行き渡りにくくなり、排便しづらくなってしまうので、さらに便秘が悪化します。

 

Aつわり中の食生活

 

便秘には食べ物がとても重要です。

 

しかし、妊娠初期はつわりがつらく、食べられるものを食べるようにしなければならないので、食事が偏りがちで、食物繊維や水分が不足してしまい、便が硬くなり、便秘になりやすくなります。

 

Bストレスや疲労

 

妊娠中は、体の変化やホルモンの影響で疲れやすく、ストレスも感じやすいです。

 

なので身体的にはもちろん精神的にも、過度なストレスになります。

 

すると、体の各機能を調整している自律神経が乱れてしまうため、腸の動きも悪くなってしまい便秘になりやすくなります。

 

C運動不足

 

妊娠初期は、あまり体を動かす事ができないため、運動不足になってしまいます。

 

妊娠後期は、さらに運動量が減るので、運動不足になりがち。

 

適度な運動は、腸の働きを活発にする効果があるため、運動不足は便秘の原因になります。

 

D子宮の大きさ

 

子宮が大きくなってくると、胃や腸などを圧迫します。

 

腸が圧迫されると、便がスムーズに進まなくなってしまい便秘になってしまいます。

 

妊娠週数が進むに連れてひどくなることが多いです。

 

妊娠中の便秘対処法

 

@しっかり水分補給をする

 

しっかり水分補給をすることを意識しました。

 

朝起きたら常温の水をコップ1杯飲むと、腸の動きが活発になることがあります。

 

のどが渇いている時だけではなく、1日1リットルを目安に、水を飲むように心がけていました。

 

A食物繊維を摂る

 

食物繊維をしっかり摂ることも、便秘解消になります。

 

つわり中は、なんでも好きなものを食べましたが、つわりが落ち着いてきた頃からは意識して、摂取していました。

 

食物繊維には、便を柔らかくする水溶性食物繊維と、腸の活動を活発にして便の排泄を促してくれる不溶性食物繊維があります。

 

不溶性食物繊維を意識して摂るようにすると、腸の働きが活発になり、便が体外に排出されやすくなります。

 

でも、硬い便と下痢を繰り返すタイプの人は、いも・大豆・ゴボウ・シリアル・雑穀などの、不溶性食物繊維を食べると、腸の動きが鈍くなってしまい、便秘がひどくなるので、気をつけましょう。

 

私は、野菜と果物のスムージーなどが効果がありました。

 

B乳酸菌とオリゴ糖を摂る

 

ヨーグルトなどの乳酸菌やビフィズス菌など、善玉菌を毎日摂取するようにすると便秘改善になることも。

 

オリゴ糖を加えると、オリゴ糖が善玉菌のエサになってくれるので、さらに効果的です。

 

善玉菌には、腸の働きを活発にして、便通を促進するこうかがあります。

 

乳酸菌は、種類があるので自分に合ったものを見つけましょう。

 

C適度な運動

 

買い物には、少し広めのショッピングモールなどを選び、運動がてら買い物に行くようにしました。

 

医師から安静にしてくださいと言われたり、体調が良くない時はゆっくり休み、体調がいい時は、気分転換に出掛けるようにしました。

 

適度な運動が一番効果があった気がします。

 

D主治医に相談する

 

どうしても便秘がつらい場合は、主治医に相談しましょう。

 

妊娠中でも使える薬を処方してもらえます。

 

市販薬は、必ず医師に確認してから服用するようにしましょう。